関東のハーレーが映える夏のおすすめツーリング先

夏のおすすめツーリング

ハーレーに乗っている人であれば、きれいな車体が映える夏に「ツーリングに行きたい」と思うのではないでしょうか。では、どのような場所が映えるのか「関東の夏オススメツーリング先」を紹介します。ツーリングということで日帰りを想定し、また、走行時間による負担の少ない比較的近距離で楽しむことができるスポットに厳選します。

まず、はじめにオススメをするのがライダーの聖地と言われる「奥多摩周遊道路」です。標高が高く見晴らしが良いので走りやすく、休憩場所も多くあります。少し高台になった展望駐車場にバイクを止めれば、背景に夏空と緑の山々をバックに写真を撮ることができます。四季折々の景色を楽しむことができるので、いつ行っても新しい景色に出会えます。夏ならば、背景に入道雲が出ているようなシーンと出会えれば、ハーレーの姿によくあいます。都心部から近いのでアクセスしやすく、日帰りで十分楽しむことができます。ツーリングをしている人が多い道路なので、交通量には注意して走行しましょう。

湘南海岸がオススメ

もう1つ山でオススメの道路が神奈川県の箱根ターンパイクです。こちらも道路そのものはとてもきれいなので走りやすく、しかも標高が高いので、夏でも気持ちよく走ることができます。この道路の魅力はなんと行っても「富士山」と絡めて写真を撮ることができる点です。夏の富士山は雪こそ少ないものの、周りが緑の絨毯となり、夏らしい姿となります。また、時間帯によって太陽の位置が変わることで富士山の様子は変わり、それと自分のハーレーを併せて撮れば、きれいな写真となります。

海とハーレーを合わせるのであれば、湘南海岸がオススメです。人気の観光スポットで一般の人も多いのですが、道路が海のそばを通っているので、簡単に海バックの夏らしい写真を撮影することができます。もっと手軽に海と合わせたいのであれば、東京湾アクアラインの海ほたるでも撮影することができます。ただし、ツーリングを楽しむには暑いので、その点は覚悟をしてバイクに乗る必要があります。