大型バイクハーレーの歴史

歴史

キング・オブ・モーターサイクルという名とともに世界中のバイク乗りに愛されその名を轟かせている大型バイク、それがハーレーダビッドソンという名のバイクです。そのハーレーダビッドソンが初めて誕生したのは、今から100年以上もの昔の1903年のことであり、100年を超える伝統を引き継いできた歴史の長いバイクなのです。

記念すべき第1号を造り出してその長い歴史の幕を開けさせたのは、世界大戦中の厳しい環境の中にあったアメリカ中西部ウィスコンシン州の都市ミルウォーキーで生活していた3人の青年、ウィリアム・S・ハーレーと兄弟であるウォルター・ダビッドソン、アーサー・ダビッドソンでした。

3人の若者はこのトマト缶などを活用した手作り感溢れる記念すべき第1号の完成がきっかけで、ダビッドソン家の長男であるウィリアム・Aを仲間に加えることでモーターサイクルカンパニーを設立します。こうした形で生み出されたハーレーダビットソンの大型バイクは、時には軍用バイクとして使用されることもあったものの、今や世界の多くの人々に愛用されて親しまれており、世界最強の大型バイクの1つとしての不動の地位を確かなものにしているバイクなのです。