大型バイクハーレーのエンジン

エンジン

Vツインエンジンが代名詞として知られ、世界中にその名を轟かせている大型バイク、それがハーレーダビットソンという名のバイクです。ハーレーダビットソンは同時に、キング・オブ・モーターサイクルという名前とともに知れ渡っており、たくさんのバイク好きから慕われ、世界最強の大型バイクの1つとしての地位を確立しています。

その世界最強といわれる由縁は、スピードや馬力などの特徴が挙げられており、その特徴を生み出した1つが代名詞であるVツインエンジンなのです。ですが、その代名詞の基礎が出来上がったのははなんとハーレーダビットソンの初作が生み出されてからわずか数年後のことなのです。記念すべき第1号が登場したのは、今から100年以上も遡った1903年のアメリカ中西部ウィスコンシン州に存在するミルウォーキーという都市でのことでした。

そこで生活していた3人の若者が世界大戦中という苦しい経済状況にも負けず、機転を利かせて初作を完成させるのです。厳しい環境ゆえに手作り感が滲み出る初作でしたが、そこから得たノウハウを基に、ハーレーダビットソンの代名詞部分の発想を得て、そうして数年後に完成されたものが100年以上の歴史を刻む大型バイクへとなっていくのです。